ハンディマン – 官能短編小説, – マリアン・ソフィア・ワイズ
ja
Books
– マリアン・ソフィア・ワイズ

ハンディマン – 官能短編小説

Read
「素早く振り向き、居間の真ん中の窓に立ってこちらを見つめている彼女を見つけた。すぐに外に出てきたその人はフラミンゴ柄の着物姿のままだった。そして、冷たい水を手渡す。そのグラスを口にあてながら、彼女の裸体を思い描いてみた」
ヘンリーは北海を掘削する作業員だ。1日の労働時間は12時間。それが14日間、毎日続く。2週間の連続労働のあと、本土に戻り、友人や独身の仕事仲間と休日を過ごすのだ。本土での夜は女たちと過ごし、悦びを与えながら自分の心を開放する。そして朝になるとさよならを告げるのだが、彼のルールはシンプルだ。同じ女とは寝ない。しかし一度だけこのルールを破ったことがある。彼女の名前はクララ。
この短編小説はスウェーデン人映画製作者エリカ・ラストとのコラボレーションにより実現した作品です。エリカ・ラストが表現しようとするものは、情熱、親密さ、情欲、愛が混じり合った力強いストーリーと性愛の物語に映し出される人間の本質と多様性です。
マリアン・ソフィー・ワイズは官能小説家です。
10 printed pages
Original publication
2019
Publisher
LUST
Translator
- Lust

Impressions

👍
👎
💧
🐼
💤
💩
💀
🙈
🔮
💡
🎯
💞
🌴
🚀
😄

How did you like the book?

Sign in or Register

On the bookshelves

Bøger fra forlaget LUST, LUST
fb2epub
Drag & drop your files (not more than 5 at once)