エスコートの男 – 官能短編小説, – リンダ・G
ja
Books
– リンダ・G

エスコートの男 – 官能短編小説

Read
「その人は両足を地面に下ろしてエンジンを切った。そして突然ヘルメットを脱ぎ、肩まで伸びたブロンドの髪を振って整えた。その途端、私はまるで催眠術にかかったようになり、背筋がゾクゾクした。彼を見つめたい欲求は抗えないほど強く、躊躇する間もなくその欲望に突き動かされ、彼の目が私の視線を捉えたとき、一瞬にして身体中に電流が走った。息を呑んだままの私は肺が苦しくなって初めて、あえぐように呼吸し始めた」
この短編小説はスウェーデン人映画製作者エリカ・ラストとのコラボレーションにより実現した作品です。エリカ・ラストが表現しようとするものは、情熱、親密さ、情欲、愛が混じり合った力強いストーリーと性愛の物語に映し出される人間の本質と多様性です。
リンダ・G はデンマーク人の官能短編小説家です。
9 printed pages
Original publication
2019
Publisher
LUST
Translator
- Lust

Impressions

👍
👎
💧
🐼
💤
💩
💀
🙈
🔮
💡
🎯
💞
🌴
🚀
😄

How did you like the book?

Sign in or Register

On the bookshelves

Bøger fra forlaget LUST, LUST
fb2epub
Drag & drop your files (not more than 5 at once)