妖精とパーン – 官能短編小説, – オルリック
ja
Books
– オルリック

妖精とパーン – 官能短編小説

Read
そこにいたのは五人の男で、毛皮のズボンを履いて、奇妙なアニマルマスクを着けていた。そのマスクは噛み癖のある大型犬に被せるマズルにも似ている。ズボンとマスクの二つが合わさって立派な衣装になっている。パーンの服だ。
私のあの妖精の妄想を体現している。
想像が現実になった。
私がパーンを見た直後に彼らはいつもの儀式を始めた。五人のパーンはそれが合図だと知っていたのだ。軽かった彼らの足音がどんどん重くなっていくのがわかる。
この短編小説はスウェーデン人映画製作者エリカ・ラストと共同でノベライズされたものです。エリカ・ラストが表現しようとするものは、情熱、親密さ、情欲、愛が混じり合った力強いストーリーと性愛の物語に映し出される人間の本質と多様性です。
オルリックは官能短編小説を数多く執筆している官能作家です。オルリックが手がけた作品には『ダーティー・ドクター』、『Spanish Summer』、『海賊ジェニー』、『ミスターXとのゲーム』、『赤いダイヤモンド』などがあります。
9 printed pages
Original publication
2019
Publisher
LUST
Translator
- Lust

Impressions

👍
👎
💧
🐼
💤
💩
💀
🙈
🔮
💡
🎯
💞
🌴
🚀
😄

How did you like the book?

Sign in or Register

On the bookshelves

Bøger fra forlaget LUST, LUST
fb2epub
Drag & drop your files (not more than 5 at once)